インターネットを使った外資系転職のポイント

経歴に自信がある人は内定実績が豊富なエージェントに相談しよう


インターネットを使って外資系転職で成功を収めるには、自分の目標や過去のキャリアに見合ったツールを活用することが重要となります。たとえば、国内外の様々な企業で技術系の分野で活躍をした人や、取得が難しい資格や免許を複数持っている人は、内定実績が豊富なエージェントのサイトを覗いてみましょう。特に、様々な業界の企業に信頼されているエージェントの中には、高収入の非公開求人を限られた求職者に紹介しているところもあるでしょう。また、非公開求人の職種や待遇など、具体的な条件について知りたい場合には、長年にわたって外資系転職の希望者をサポートしているエージェントに、電話やメールですぐに連絡を取ることが大切です。

在職中から転職支援サイトに会員登録して次の職場を探し始めよう


外資系転職の採用試験では、書類選考や面接だけでなく、英語によるディスカッションやプレゼンなど様々な課題が出されることがあります。そのため、理想的な時期に転職をするために、在職中からビジネスマンに高く評価されている転職支援サイトに会員登録をして、自分の経歴や適性を生かせる職場を探し始めることがポイントです。一千万円を超える年収を得られる外資系企業の中途採用試験では、面接までに一般教養やSPI、適性検査など様々な形の試験が行われることもあります。そうした中、転職活動を通じて自分の得手不得手をしっかりと把握するのはもちろん、様々な職種の外資系企業の求人が掲載されているサイトを使って、各社で求められるスキルについていち早く確認することが重要です。